じぶん銀行でのカードローン審査と在籍確認について

MENU

じぶん銀行でのカードローン審査と在籍確認について

じぶん銀行とは、三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資によるインターネット銀行です。そんなじぶん銀行ではカードローン商品も利用できます。本来はおまとめローンや借り替えローンとして広く知られている銀行ですが、KDDIも出資を行っているという事で、auを携帯キャリアとして利用している人に対しても、優遇金利でカードローンを利用できるようになっています。

 

金利について具体的に言うと、通常は年3.9〜17.5%で利用できるカードローンですが、「au限定割」を利用して他社から借り換えをする事で、年3.4〜12.5%で利用ができます。

 

 

 

 

【じぶん銀行カードローンの審査とは】

 

じぶん銀行カードローンの利用にはネット申込みが必要となります。その後審査が行われてその結果を報告されます。そして審査に通った場合には必要書類の提出や契約を取り交わす事で借入れが可能になります。
審査については最短で当日のメールで結果を知る事ができますが、夜間や土日等の休業日を挟んだ時には在籍確認が取れないという事で審査回答が遅くなる場合もあります。

 

通常は契約が完了した後にローンカードが届くまで1週間程度の時間を要する事になっていますが、それでも即日融資を望まれる場合には、じぶん銀行円普通預金口座を持つ事で最速となります。その場合にはインターネットバンキングでログインをしてカードローン申込みをする事で申込みは完了します。

 

 

 

【カードローン審査の際の在籍確認電話】

 

カードローン申込みをした時には、審査を行う段階で在籍確認が必要になります。利用をする人の返済能力を判断するには、申込み時に申告をした会社で本当に働いているのかという事を確認する必要があるからです。
もっとも在籍確認電話を必要としない人も居て、主婦や学生、年金受給者の方などはこちらの分類となります。
銀行カードローンを利用する為の条件として、保証会社の保証を受けられる人という事がある為に審査は保証会社が行う事になります。じぶん銀行の保証会社はアコムになっているので、じぶん銀行の他にアコムが行う審査にも通る必要があるのです。

 

在籍確認が完了して審査に通ると契約を行います。手続きは必要書類を出して電話かインターネットで契約が完了をします。その後に口座に振込みを依頼するかATMを利用して借入をします。

 

 

 

 

【在籍確認の電話に抵抗を感じる人はこんな金融機関がオススメ】

 

借入れ申込みをした後には殆どの業者では在籍確認が行われます。それでも銀行カードローンの申込みで在籍確認が行われない銀行には、セブン銀行があります。セブン銀行カードローンでは銀行カードローンの最高限度額が500万円から800万円が殆どとなっている中、50万円が最高限度額となっています。それでも本人確認書類や収入証明書の提出が不要な事でも利用をし易い銀行カードローンと言えるでしょう。

 

銀行以外では消費者金融にも在籍確認が不要となっているカードローンがあります。例えばプロミスでは土日である為に在籍確認が取れない時には給料明細書や健康保険証の提出で代用をする事が可能です。
またモビットではネットで申込みを完結し、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っている事、健康保険証を提出する事で在籍確認は不要となります。

 

このようにお金を借りる事を周りの人に知られたくない場合には、在籍確認は極力避けたいところであると思います。そんな方にはこのような電話連絡をしない業者の利用がベストと言えるでしょう。